トップへ戻る

セミナー情報詳細

セミナーアイコン

OAM+TUMインプラントオーバーデンチャー研修会《2016/9/25》

エイペックスメディカでは、歯科医師向けのセミナーを行っております。
セミナーご興味を持たれましたら是非一度ご参加ください。

講師

宮井 崇宏先生

宮井 崇宏先生
歯学博士
OAMインプラント公認インストラクター
ICOI国際口腔インプラント学会・認定医
ICOI国際口腔インプラント学会・指導医
日本歯科大学生命歯学部
口腔外科学講座非常勤講師

講演概要

義歯の安定が得られにくい場合に、維持と咀嚼機能の改善を目的とした「インプラントオーバーデンチャー」は、無歯顎、多数歯欠損治療において重要な選択肢となっています。
ところが、対象となる患者の顎骨状態(狭窄、骨高不足など)、全身状態を考慮すると適応範囲外と言わざるおえないご経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。
本研修会では、狭窄骨への対処法としてOAM(大口式)インプラント法を用いることでGBRを避け自家骨内に埋入する方法をご紹介します。自家骨内に埋入することでGBRや骨移植を回避してインプラントオーバーデンチャー装着までの期間を短縮することができます。骨形態によっては傾斜埋入となることもありますが、それぞれのインプラントが最大50度(メーカー発表値)開いてもスムーズな装着、脱着が行えるTUMインプラントシステムを用いることで解決します。
本研修会ではそれぞれの手技、方法についてエビデンスと症例を用いて解説いたします。

内容 OAMインプラントシステム、TUMシステム コラボ企画
埋入方向が大きく開いても対応できるインプラントオーバーデンチャーシステムの臨床導入
実習内容 ●デモンストレーション(豚肋骨) ※実習はありません
研修内容 ●インプラントオーバーデンチャー適応症の見極めに必要な診査、診断力 
●インプラントオーバーデンチャーに必要な基礎知識
設計、咬合の与え方、メンテナンス
●TUMインプラントオーバーデンチャー症例解説
●狭窄骨の場合のインプラント埋入方法
●OAMインプラントシステムの概念と基本テクニックについて
ボーンコンデンス、GBR回避のための狭窄骨拡大法、海綿骨移動術、その他
インプラントオーバーデンチャーの場合のOAM適応症、不適応症について
●デモンストレーション(豚肋骨) ※実習はありません
●TUMインプラントシステムについて
構造、適用インプラントについて
●TUMシステムについて
●TUMインプラントシステムのチェアサイドワーク(修理、増歯、リベースなど)について
●TUMインプラントシステムのラボサイドワークについて
受講料 21,600円(税込)
開催日程 2016年9月25日(日)午前10時~午後4時
会場 赤坂研修ルーム(東京・港区)

キャンセルまたは欠席された場合は、申込金のご返金は致しかねますので、日程をご確認の上、お申し込みください。

お申込み方法

メールフォームまたは、FAXにて、お申込みください。
セミナー開催の詳細につきましては、弊社よりご案内申し上げます。

  • メールフォームからのお問い合わせはこちら

FAXでのお申込み

FAXでのお申込みの場合は、下記より用紙をダウンロードいただき、印刷してご利用ください。

  • 申込み用紙はこちら
  • 申込み用紙はこちら

受講料のお振込み先

銀行名 三菱東京 UFJ銀行
支店 新名古屋駅前支店
口座 普通 1482812
口座名 株式会社エイペックスメディカ

振込手数料に関しましては、ご負担ください。

Facebook

お問い合わせは下記より項目をお選びください。

  • TEL058-266-0123
  • FAX058-266-0128

[受付時間]平日9:00~18:00 [定休日]土・日・祝

  • メールフォームからのお問い合わせはこちら